読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Answer.8「Hand-offの正しい位置」

明けましておめでとうございます。

 

年明ける前に解答できたらと考えていたんですが、携帯でセクシービデオをクリックしてしまう凡ミスを侵してしまいまして、見事に通信制限という罠にかかってしまい、動画を投稿することができなくなってしまったので年始にやる形になりました。今年もよろしくお願いします。

 

と言うわけでいつもツイッターで解答してるんだけど、今回はブログでやります。

 

 

今回のQuestion8は「hand-offする時どの位置で手渡しするべきか」でした。

 

アンケート結果はこのような感じになりました。

解答して下さった507名の方ありがとうございました〜。

 

1番多かった解答は②となりましたが、②と答えた方…

 

 

 

グレート!

 

 

正解は②です。

 

 

 

今回の考えるべきポイントは、

手渡しした瞬間に、ディフェンダーがどんな方法のDFの仕方をしたとしても、グッドショットを打てる位置(番号)はどこか。というとこです。

ロールした後のこととか、スペーシングのこととか、色々考えて下さった方もいましたが、hand-off含め、スクリーンはユーザーのシュートがファーストオプションにするものです。

なのでまず考えるべきはユーザーのシュートということになります。

 

 

まずは不正解の理由から

 

は簡単にディフェンダーにオーバーされるため、手渡し自体ができないので×

 f:id:minstku:20170103205219j:image

f:id:minstku:20170103205222j:image

 

ディフェンダーにアンダー(オレンジ色)されると、ボールを受け取った位置が遠すぎてスリーが打てない(赤色)ので△

f:id:minstku:20170103211011j:image

f:id:minstku:20170103211013j:image

 

続いて正解の理由

 

はオーバーされづらく(画像1〜3)、アンダーされてもスリーを打ちやすいので(4〜6)正解です。

 f:id:minstku:20170103222135j:image

f:id:minstku:20170103222147j:image

f:id:minstku:20170103222158p:image

 

f:id:minstku:20170103222209j:imagef:id:minstku:20170103222214j:image

f:id:minstku:20170103222225p:image

 

 

ちなみにこの中で1番答えてはダメなのは①。多分①に解答して下さった方の大半は部活動の子かな。

顧問がそう教えてしまうので「ハイポスト」と聞くと①を連想してしまうんだけど、上記した通り、距離が離れすぎていてhand-off自体ができないので、①はナンセンス。

 

以前、僕が

このようなツイートしたのも、この考えが理由になってます。

(外部コーチ、社会人バスケ等で、hand-offしたくて、「ハイポきて!」ってコールしても百発百中で①でみんなボール受けようとするんだよね…)

 

 

 

③を△としたの理由は「シュートをさせる」と言う点では×なんだけど、hand-offにはシュート用ではなく、注意を引きつけるために使ったり、エントリーのために使われる場合もあるので、絶対にやっちゃダメとは言えないんだよね。ただ今回は、「シュートのため」のhand-offを想定して話をしているので、③も不正解としています。

 

 

②の補足。

「3Pラインをまたいでhand-offするのが正確な位置と教えてたんですが、違ったみたい」との声がありましたが、それでもOKです。

ですが、初めから3Pラインをまたいでボールを受けようとするべきではありません。

 

ポジショニングに正解があるのであれば、逆に言うとディフェンダーはそのポジションで貰わせない事が重要になってきます。

なのでディフェンダーは少しでも良い位置で貰わせないように押してきます

f:id:minstku:20170104020317p:image

f:id:minstku:20170104020321p:image

f:id:minstku:20170104020325p:image

 (画像はKGに押されて良い位置でhand-off出来なかったシーン。目立たないプレーだがKGのDFが評価される理由が分かります。)

 

こうならないように、押されることを想定したポジショニングが必要になってくるので、最初から3Pラインをまたいだ状態でボールを受けようとするべきではないのです。

 

あまり長々書くのもあれなのでこの辺で。

 

新年1発目は「hand-offについて」でした!

 

Twitterにも載せましたが、文字、画像だけでは伝わりづらかった方は⤵︎の動画を参考にしてみてください。

 

 では!

 

 

 

ミネソタ